3次元 地上レーザー計測

           
            

  3次元の寸法測定
 レーザースキャナを用いることにより、  立体画像で表現することが可能となります。
さらに座標を持たすことによって  周囲の既存の図面やデータに整合性をもたし、
現況図と現場をの確認を状況比べる事も容易になります。

     

弊社が使用するGLS2000は最大500mの測定距離があり広範囲での測量が可能となります。
従来のTS(トータルステーション)を用いた測量では、人が入りにくい草木の中や広範囲の
データの取得がわずかな時間でできるようになります。




UAVレーザと地上レーザーのコラボ

広範囲で山間部を含む業務の場合、地上レーザー所得出来ない個所をUAVレーザー採用
することで、グランドデータからコンターを作成まで短時間で行う事が可能になり、
詳細データが必要な個所は地上レーザーを合わすことによって、より細かなデータで業務を進める事が出来ます。

   
                                  

      






 

エコアクション21 エコアクション21 正和設計株式会社 正和設計株式会社